毎日がバーゲン!子供服、マタニティ、おもちゃやベビー用品専門のフリマサイト

THE WAY TO WRITE THE ATTRACTIVE INFORMATION OF GOODS

商品の魅力を伝える商品情報の書き方

目に留めてもらう、メリットを想起させる、信頼性を高める
ことを意識して商品情報を書いてみましょう。

POINT1

検索にひっかかり
やすくするように
単語を増やす

POINT2

細かく正確に
誤解を
まねかない

POINT3

「買ってよかった」
のイメージを
持たせる

POINT4

かたすぎず
くだけすぎない
言葉遣い

POINT1:検索にひっかかりやすくするように単語を増やす


検索窓から商品を探すとき、「白」「可愛い」「ワンピース」など、単語をいれますよね?
だから、単純に、「白いワンピースです。」と書くだけでは、他の商品に埋もれてしまい、
「可愛い白いワンピースで、発表会などにも使える上品なデザインです。」と書いた方が
検索にひっかかりやすく、多くの人の目に留まりやすいのです。
もし、文章に組み込むのが難しい場合は、「キーワード:白、発表会、ワンピース、可愛い、上品」
といったように単語だけ並べて書いてしまうのもありです!

POINT2:細かく正確に誤解をまねかない


ブランド名、色、状態、使用状況、細かなサイズ、汚れについてなど、
写真だけでは伝わらない部分を補足できるよう、できるだけ詳細を伝えましょう。
また言葉は微妙なニュアンスを避け、誤解をまねかないよう心がけましょう。
また出品理由を書くとより信頼性が高まります。

POINT3:「買って良かった」のイメージを持たせる


例えば、ベビーカーなら、
「4kg程度で軽いため、一人で赤ちゃんを連れて電車でお出かけもできました。」など、
購入後のメリットがイメージしやすいように、具体的な活用シーンを書きましょう。

POINT4:かたすぎずくだけすぎない言葉遣い


例えば、「よろしく」の言い方ひとつでも、
「よろしくお願い申し上げます。」ではかしこまりすぎて、とっつきにくいイメージに、
「よろしく〜♪」では軽すぎて、きちんと取引できるのか不安を抱いてしまいます。
「よろしくお願いしますね!」程度のほどよい言葉遣いを心がけましょう。